神前式の魅力

日本ではチャペルでウエディングを着て結婚式を挙げるのが一般的。ですが、神社で挙げる神前式も知れば知るほど魅力がいっぱいなんです!そんな神前式の魅力を知って、結婚前の方は今後の参考にしてみて下さいね。

More

特別な儀式の流れとは

神前式には、他の結婚式のスタイルにはない伝統的な儀式があります。作法を覚えなくてはいけませんが、大切なのは難しく考えずに流れのまま素直な気持ちでいること。式の最中でも指示を出してもらえるので安心です。

More

神前式にかかる費用

ふたつの家がひとつに結びつく。心に残る大切な結婚式をぜひ神前式で行いたいという人もいると思います。ですが、やはり気になるのは費用の問題。どのくらいお金がかかるのかを知り、二人共納得した上で東京での神前式を決めたいですね。

More
式場

和の花嫁になれる

東京の神社に行った時、ちょうど神前式を見かけたという経験はありませんか?華やかな着物はパッと目を惹きますし、白無垢の花嫁さんがとても美しくて思わず見とれてしまいますね。自分が結婚する時は、絶対にドレスが着たい!と思っていても着物を着た素敵な新郎新婦を見たら、その気持ちも揺らいでしまうのではないでしょうか。
東京で神前式を選んだという人は、普段着ることのない豪華な着物を着られるというのも嬉しいという意見が多いようです。また、東京にある由緒ある神社で式を挙げることで良いご縁ができること、また友達も東京にあるパワースポットに招待できるというのも神前式ならではですよね。
神前式といえば、格調高く一番の人気の白無垢。一番上に着る打掛、打掛の下に着る掛け下、それ以外で身に付けるものも全て「白」で揃えます。最も和のイメージが強く、人気の理由もわかりますよね。日本髪で伝統的な綿帽子と角隠し。角隠しは白無垢だけでなく打掛に合わせてもOKですが、綿帽子は白無垢で式を挙げる時のみ許されています。
前述した角隠しを合わせられる打掛。こちらは、気品あふれる白無垢と比べると艶やかで豪華な印象があります。室町時代以降の武家女性の礼服に用いられていた伝統的なものです。小袖の上から同じ形の衣をかけるのが一般的な形です。定番は赤で、黒を合わせてシックに、白の模様が入ってより豪華なものに、と好みに合わせて選ぶことができます。それ以外にも、黒をベースにしたり、パステルカラーで可愛らしさを演出してみたりと色で雰囲気もガラッと変わりますよ。
神前式では挙式の際は白無垢、披露宴で色打掛を羽織るのが一般的です。東京でも神前式がたびたび行われていますので、新郎新婦の意見を参考にしながら検討してみて下さい。